不用品処分方

引越しの際に出た不用品は、もちろんできるだけ簡単に処分したいところです。そうなるとやはり不用品処分サービスが付いていて、尚且つ引越し格安を売りにしている業者に頼むことがオススメです。もし自分で行うとどのようなことになるのでしょう。

まず一番長い部分が30㎝を超えないプラスチックや木、金属などは粗大ゴミとして出すことができます。しかし粗大ゴミでも1か月に1回しか収集にこない市町村もあります。その場合は、その日を逃してしまうとまた次の月となるので、引越しの当日に処分してもらえる引越業者による不用品処理サービスを利用できれば安心です

またタンスや本棚などの大きな粗大ゴミは、市町村に連絡をして申し込みをし、一カ月1回の収集日に決まった場所に出すことが必要です。また市町村の定めたゴミ焼却場などに持っていくことで、有料ですがいつでも引き取ってくれますが、自分で持ち込むことが必要です。

ただしオートバイ、タイヤ、金庫、消化気などは不用品回収業者に依頼するしかありません。またテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、パソコンなどの電化製品は市町村のゴミ収集の申し込みが出来ないものです。電気屋に有料で頼むか、不用品回収業者に依頼することになります。引越し業者ではこのようなものの処分も、有料ですが行っているところも多いので、上手に利用すると便利です。

Pocket

処分する前に

引越しと言えばやっぱり不用品がたくさん出るので、不用品の処分法を考えておくことも大切です。今は不用品処分サービスを行っている引越し業者も多くあります。そのため引越し業者にすべて頼ってしまうという方法もありますが、やはり不用品によっては自分で処分する方がお得なことも。そこで、不用品が出たときにゴミとして処分するのは「ちょっと待って」。

まず不用品が出たら、再利用出来ないか考えてみましょう。引越しを機会に思い切って物を減らすことはとても重要なことです。しかし不用品として捨てる前に、何かに再利用出来ないか考えてみることも必要ではないでしょうか。他のものとして再利用できれば新しく購入しなくても済みます。次に知り合いなど、欲しい人がいないか聞いてみましょう。もちろん無理にもらってもらうのではなく、欲しい人がいたら是非もらってもらうようにしましょう。意外と自分は不用でも、人にとっては欲しいというものもあるのです。

次にリサイクルショップに行き、売れるものがあれば売ってしまいましょう。売れないものでも引き取ってもらえる場合もあるので、持っていく前に電話で品目などを伝え、引き取ってもらえるかも聞いておくといいでしょう。もう一つ、ネットオークションなど利用できる人は、御出品してみることもおすすめです。引越し業者が不用品処分サービスをやっていても、すべて不用品として処分する前にちょっとできることをやってみてはいかがでしょう。

Pocket

不用品処分と引越し

最近は引越し業者も競争が激しくなり、利用者には嬉しいサービスがたくさん付いています。そんな中でも人気のある不用品処分サービスを付けた引越し業者が増えています。確かに引越しのときに、思い切って古い家具や家庭電化製品を捨てる人も多くいまが、昔のように簡単には捨てられないという面倒な面も。そこで引越し業者が、不用品を引き取ってくれるというサービスがあると、とても便利です。業者によっては市町村より安い引き取り価格などで処分してくれたり、条件によっては無料で引き取ってくれる業者も

市町村によっても違いますが、大型不要品などは月に1回しか回収日はありません。他の日に出すなら、個人的に市町村のゴミ収集場に持っていくしかないのです。このようなことは忙しい引越し前には、なかなかできないことも。それをすべて引越し業者の不要品処分サービスで行ってくれるならとても便利だということになります。

つまり不用品を処分するには、自分ゴミ収集場に持っていくか、決まった日に決まった場所に出しておき有料で市町村の粗大ゴミに出す。他には不用品回収業者に依頼する。そして最後に引越し業者のサービスに頼る。この中のどれかを利用するしかないのです。一番楽な方法は、引越し業者のサービスに頼ることなのではないでしょうか。そのため不用品が多い場合には、不用品処分サービスのある引越し業者を選ぶことがおすすめ。
そして引越し業者によっても、不用品処分についてのサービスにいろいろ違いがあるので、その条件などもしっかりチェックしてから引越し業者を選ぶようにしましょう。

Pocket